地球のことば 子どものつぶやき 普段の暮らしや遊びの中で感じたことを、子どもたちが自由な発想で詩に表現しています。 地球のことば 子どものつぶやき 普段の暮らしや遊びの中で感じたことを、子どもたちが自由な発想で詩に表現しています。

第29回詩作コンクール作品募集中!
感じたままを詩にして応募しよう!

募集内容 自然や人、生活の中での発見を
テーマとした詩
※自由なテーマの詩も可
募集期間 2024年6月20日(木)〜
9月27日(金)
※当日消印有効
募集対象 福岡県、熊本県、長崎県在住の小学生

応募要項をご確認の上、ご応募ください。

応募用紙を
ダウンロードする

当ホームページから応募用紙をダウンロードしてください。(※)

(※)応募用紙は自由(A4・A3サイズのみ)です。必ず作品ごとに必要事項を記入の上、お送りください。詳しくは、応募要項をご確認ください。

応募する作品を
準備する

自然や人、生活の中での発見をテーマとして、感じたままを詩にしてみよう!

郵送で応募する

必要事項を記入の上、応募要項に記載の住所へご郵送ください。

(※)応募用紙は自由(A4・A3サイズのみ)です。必ず作品ごとに必要事項を記入の上、ご郵送ください。詳しくは、応募要項をご確認ください。

過去の最優秀作品を見てみよう!

「第28回 地球のことば 子どものつぶやき」
最優秀賞「(重要)お母さんへ」
山内 寛陽さん

「第27回 地球のことば 子どものつぶやき」
最優秀賞「スイカのおすそわけ」
篠ア 結良さん

「第26回 地球のことば 子どものつぶやき」
最優秀賞「おとなのふしぎ」
末永 陸人さん

優秀賞作品50編を表彰し、
賞状・記念品(図書カード)・
優秀作をまとめた詩集を贈呈します。

優秀作をまとめた詩集

オリジナルの賞状

最優秀賞表彰のようす

第28回最優秀賞の表彰

詩の創作を通じて、
新たな可能性を育てます。

「地球のことば 子どものつぶやき」は、西部ガスグループが地域貢献活動の一環として1997年より実施している、小学生を対象とした詩作コンクールです。詩の創作を通じて自然への関心を高め、創造力を育むために”自然や人、生活のなかでの発見”をテーマとしており、毎回、たくさんの応募をいただいています。
子どもたちの感受性や想像力、表現力の豊かさに驚かされるとともに、自然に対する真しな眼差しは私たちにも新たな発見をもたらしてくれます。 応募いただいた作品の中から、選定した優秀作50点を詩集にして、小学校や図書館などに寄贈する他、点訳・音訳を行った上で視覚特別支援学校や点字図書館などにも寄贈しています。

詩集の挿絵について

詩集の挿絵は、2017年から障がい福祉サービス事業所 工房まる(運営:特定非営利活動法人まる)、2021年から障がい福祉サービス事業所 ひまわりパーク六本松(運営:社会福祉法人福岡市手をつなぐ育成会)に所属するアーティストの皆さまに描いていただいています。
この詩集が、子どもたちとアーティスト一人一人の個性を表現する場となり、相互理解を深めるきっかけとなることを願っています。