コンプライアンスの推進
コンプライアンス相談窓口

SDGsとの関連
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう

西部ガスグループは職場での不正やハラスメント、贈収賄や背任、横領等の汚職・腐敗を含むあらゆる企業倫理上の問題についての相談窓口として、西部ガスグループ全従業者(従業員、嘱託社員、派遣社員、パート・アルバイト社員)及び取引先を対象とした「内部通報制度」を設けています。社内窓口として「コンプライアンス窓口」、社外窓口に弁護士事務所を設けるとともに、通報はメール、電話、郵送なども選択できるように通報者が利用しやすい環境を整えています。

また、通報は匿名で行うことができ、通報により不利益を受けることがないよう通報者保護を徹底しております。受付けた通報については、事実関係の調査を行い、最終的に違反の有無の判定を行います。調査の結果、コンプライアンス違反が認められた事案については、必要な是正措置・再発防止策を取っています。

なお、2021年度の当社グループにおける通報件数は6件、うち6件共にコンプライアンス違反が認められましたが、重大なコンプライアンス違反はありませんでした。

西部ガスグループの相談窓口の対応体制

西部ガスグループの相談窓口の対応体制

相談窓口利用件数(西部ガスグループ)

コンプライアンス窓口利用者数/フォロー状況:西部ガスグループ