コンプライアンスの推進
コンプライアンス意識調査の実施

SDGsとの関連
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう

西部ガスグループは、「西部ガスグループ企業行動指針」「西部ガスグループコンプライアンス基本方針」に基づいた「西部ガスグループ企業行動マニュアル」を制定し、それによりグループ従業者の行動規範、倫理規範の遵守徹底を図っています。その他、階層別研修やハラスメント教育、新聞・マガジンによる意識啓発を行い、従業者のコンプライアンスレベルを高める活動を継続的に実施しています。

その活動の効果として、従業者のコンプライアンス理解・意識を確認するために、年1回グループ全従業者に対して「コンプライアンス意識調査」を実施しています。2021年度の調査結果は、グループ平均点4.06点(5点満点)、調査会社から「良好水準」と評価されています。この調査結果はグループ各社や当社各部門にフィードバックし、グループコンプライアンスの現状把握と今後の施策づくりに活用しています。

また、意識調査によって発覚したコンプライアンス違反については、各社、各部門により事実関係を調査し、事実が認められた場合には、改善策を講じコンプライアンス違反を積極的に改善しています。グループのコンプライアンスレベルを維持・向上させるため、「西部ガスグループ企業行動マニュアル」の有効性を定期的に評価・検証し、必要に応じて改訂してまいります。

意識調査の概要

設問

「職場での実践」、「日常のマネジメント」、「コンプライアンス施策の浸透」、「コンプライアンスの理解・意識」、「職場風土」に関する項目

評価

5点満点

コンプライアンス意識調査(西部ガスグループ)

コンプライアンス意識調査(西部ガスグループ)