環境への貢献
環境基本方針

SDGsとの関連
  • 13.気候変動に具体的な対策を

西部ガスグループ環境基本方針

西部ガスグループは、事業活動が環境と深く関わっていることを認識し、さまざまな活動を通じて、地域社会の発展及び地球規模での環境保全に貢献します。
環境保全推進活動については、社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」の中で報告・審議し、重要事項は取締役会に報告します。

指針1

お客さま先における環境負荷の低減への貢献

クリーンエネルギーである天然ガスの普及拡大と高効率で環境負荷の小さな機器・システムの普及促進により、お客さま先における環境負荷の低減に貢献します。

指針2

事業活動における環境負荷の低減

事業活動におけるエネルギーの使用原単位を継続的に低減するとともに、資源利用の効率化、及び汚染の防止、廃棄物の発生抑制・再利用・再資源化を推進し、当社グループの事業活動における環境負荷を低減します。

指針3

地域の環境保全活動への貢献

地域社会活動への参画、生物多様性への影響の回避または低減の取り組み、及び環境に関する情報提供を通じて、地域の環境保全活動に貢献します。

指針4

環境関連技術の研究開発の推進

都市ガス事業に関わる環境関連技術の研究開発を推進します。

指針5

環境マネジメントの充実

計画的かつ効果的な環境保全活動を西部ガスグループに展開し、省資源、省エネルギーを推進すると共に、環境情報の発信に努めます。

最終改定 2021年11月19日