ダイバーシティ、
エクイティ&インクルージョン(DE&I)

考え方

西部ガスグループを取りまく環境が大きく変化する時代において、多様な観点からお客さまに価値を提供し、地域社会の発展に貢献していくことは必要不可欠と考えており、その実現に向け、ダイバーシティ(エクイティ)&インクルージョンを重要な経営課題の一つとして位置づけています。

上記の考え方の下、マテリアリティとして以下を特定しています。

  • ●ダイバーシティ&インクルージョンの推進

ダイバーシティ(エクイティ)&インクルージョン

方針

西部ガスグループダイバーシティ宣言

西部ガスグループは、従業員一人ひとりが属性だけでなく異なる価値観・経験・想いなどをもった価値ある存在として、自分の考えを自由に発し、互いに認め合い、切磋琢磨しながら未来を切り拓く挑戦を積み重ね、新たな価値を生み出すことを可能とする社内環境を整備します。また、その環境のもと自らの力を最大限発揮できる活気あふれる組織の実現を目指します。

グループDE&I行動指針

〇個の尊重
一人ひとりを個人として尊重し、あらゆる差別を排除し、グループ全体の共通認識とするよう努めます。

〇差別排除
国籍、人種、民族、年齢、性別、性的指向・性自認、障がい、学歴、宗教、個人的価値観などに基づくいかなる差別も行いません。

〇理解と支援
多様な従業員それぞれが抱えている問題への理解を深め、無意識な認識の偏りや無知を克服しつつ、必要な支援を行います。

〇多様性確保
グループのダイバーシティを高めるとともに、意思決定において多様な意見が反映されるように努めます。

〇共創共栄
共に暮らす地域コミュニティの一員であるとの意識を持ち、すべての方々と尊重し合える関係づくりに努めます。

スローガン

ダイバーシティ(エクイティ)&インクルージョンスローガン

重点領域

価値創造を加速する5つの重点領域

体制

西部ガスホールディングスの人財戦略部内にダイバーシティ推進機能を設置し、担当取締役の下、西部ガスグループのDE&Iを推進する体制を整えています。人権尊重の取り組みの一環として従業員・管理職向けセミナーの開催や、経営層への活動報告・D&Iセミナーを実施し、課題や施策の共有、推進に向けた意見交換を行っています。また、推進活動の現状や浸透度、意識の変化の把握などをするためにアンケート調査を実施しています。

推進体制

グループDE&Iを推進するための体制

目標と進捗

グループDE&I 定量目標

重点取り組み KPI指標 内容 実績 目標
2022年度 2030年度
ジェンダー平等 女性管理職率 管理職に占める女性の割合 4.5% 15%
男性育休取得率 男性育休取得率/配偶者出産数 45.8% 100%
  • ※対象会社:西部ガス、西部ガスエネルギー、西部ガス都市開発、西部ガスリビング、西部ガス情報システム、西部ガス・カスタマーサービス、西部ガステクノソリューション、ひびきエル・エヌ・ジー
  • ※出向者は、出向元の従業員として集計

目標

多様な人々の活躍する組織の実現
目標 目標年度 2022年度実績
グループダイバーシティ推進計画策定 完了 2022年度 グループダイバーシティ推進計画策定完了
女性活躍推進
指標 目標 目標年度 2022年度実績
女性管理職数 女性管理職/10人 2023年度 5人
  • ※対象会社:西部ガス

取り組み

西部ガスグループは、「従業員価値の向上」とともに「柔軟で多様な発想や価値観を持つ人財の育成」、「効果的な人財活用による人財の活性化」を図るため、ダイバーシティ推進に取り組んでいます。

えるぼし認定

えるぼし認定

女性活躍推進法に基づく女性活躍推進の実施状況が優良な企業に与えられる「えるぼし」の最高位の3つ星を、西部ガスは2020年8月、西部ガスグループの西部ガス情報システムは2023年5月に取得いたしました。
引き続き、女性はもちろん、社員一人ひとりが個性を発揮し、イキイキと活躍し続けられる職場風土の醸成を通し、新たな価値の創造へ向け、ダイバーシティ&インクルージョンの一層の推進に取り組んで参ります。

えるぼし認定「女性が活躍しています!」

・西部ガス株式会社

・西部ガス情報システム株式会社

ミドル世代支援

53歳以降の社員を「ミドル社員」として、60歳定年以降65歳まで働く社員の比率を上げていくことを目標とし、2017年度より新たなキャリア研修を実施しています。53歳のキャリア研修では健康面、精神面も含め自らを見つめ直し、今後どのように意識や行動を変えていくのかを考えます。再雇用制度として“ネクストキャリア制度”を定め、60歳定年退職後も、引き続き雇用を希望する社員は、最長65歳まで働くことができます。

障がい者活躍支援

●障がい者雇用の向上

障がい者の法定雇用率は2018年4月に2.0%から2.2%に引き上げられ、2021年3月には2.3%となりました。この法定雇用率引き上げの動きを考慮し、2017年に「特例子会社(西部ガス絆結株式会社)」を設立。主要関連6社も「関係会社特例」の認可を取得し、雇用促進に取り組んでいます。
特例子会社との連携による障がい者雇用の推進と特例子会社が持つ就労移行支援の特性を活用しながら障がい者との接点機会を増やし、柔軟で多様な価値観を持つ人財の育成に寄与しながら障がい者雇用の促進を図っています。

障がい者の雇用数
単位 2020年度 2021年度 2022年度
在籍数 74.5 75.5 84.0
雇用率 % 2.21 2.2 2.52
  • ※関係会社特例(西部ガスホールディングス、西部ガス、西部ガスエネルギー、西部ガス都市開発、西部ガスリビング、西部ガス・カスタマーサービス、西部ガステクノソリューション、西部ガス熊本、西部ガス長崎、西部ガス佐世保)における在籍数・雇用率

●障がい者雇用の取り組み「障がい者雇用優良事務所福岡県知事賞」八仙閣

  • 食関連事業分野の八仙閣は、20年程前から障がい者雇用に取り組み、2023年度現在8名を雇用しています。障がい者雇用促進法では、民間企業に対し障がい者法定雇用率を2.3%(2023年度)に設定されていますが、それを大きく上回る6.97%(2023年6月時点)と高い水準を維持しています。高い雇用率とフォロー・サポート体制が認められ、公的機関からの賞をいただきました。

    • ●2017年 独立行政法人高齢・障害・求職者支援機構福岡支部主催「障害者雇用優良事業所」努力賞受賞
    • ●2022年 障がい者雇用促進大会「障がい者雇用優良事業所」県知事賞受賞
  • 障がい者雇用の取り組み「障がい者雇用優良事務所福岡県知事賞」八仙閣

●障がい者への理解の啓発活動

特例子会社の西部ガス絆結株式会社により、「ダイバーシティ、障がい者の雇用と育成、障がい者と共に働く組織づくり、地域づくり」を目的とした、講演やセミナー及びワークショップ等を地域向けに積極的に行っています。更に、2019年度からは福岡県の同和問題をはじめとする人権問題に係る「啓発・研究講師団講師斡旋事業」の講師登録を行い、各地で積極的に講演を行っています。

講演活動実績
単位 2020年度 2021年度 2022年度
講演・セミナー 22 18 23
  • 多様な人財を雇用するマネジメント研修(福岡県福祉労働部主催)

    多様な人財を雇用するマネジメント研修(福岡県福祉労働部主催)

  • 同左講師(西部瓦斯絆結株式会社 代表取締役社長 船越哲朗)

    同左講師(西部ガス絆結株式会社 代表取締役社長 船越哲朗)

多様性の発揮に向けた取り組み

キャンディフォーラム

  • 西部ガスグループでは、2020年より毎年グループ従業員満足度調査を実施し、グループ一体となって働きがいのある職場づくりに取り組んでいます。「満足度」「負担感」「会社の将来性」などの項目について調査を実施し、従業員の声を制度や仕組みに反映する取り組みを進めています。

    • ※一人ひとりが異なる存在として受け入れられ、大切なひとりとしてその個性・能力が活かされることで、より一層活力のあるグループとなっていくことを、カラフルで様々な味や装いをしている「あめ玉=キャンディ」と「できる=Can」に重ねて表現
  • キャンディフォーラム

イクボス式マネジメント講座

  • 2017年、イクボス企業同盟へ参加。「イクボス※」をたくさん育成することを宣言しました。キーマンである全マネジャーは「イクボス式マネジメント講座」を受講後「イクボス行動宣言」を行います。各職場に掲示し、啓発・活性化につなげています。

    • ※職場で共に働くメンバーのワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司のこと
  • イクボス式マネジメント講座

子育て期WLBサポートセミナー

  • 子育て期社員を対象としたサポートセミナーを実施し、多様な働き方とワーク・ライフ・バランスの向上を後押しします。
  • 子育て期WLBサポートセミナー

若手キャリア開発研修

  • キャリア形成術の学習やライフイベントなどの対応について知る、若手女性社員向けの研修です。
  • 若手キャリア開発研修

育児期のキャリアサポート(WEキャリアプログラム)

  • 子育てと仕事を両立しようとする社員(男女関わらず)が、妊娠・育児期においても業務を通じ、成長や貢献を意識した働き方ができるよう、本人、上司へ後押しするものです。
  • 主なプログラムフロー

    主なプログラムフロー

関係データ

  • ※注釈のないデータは出向元の西部ガス(株)における年度末の実績となります。
育児休業取得率
単位 2020年度 2021年度 2022年度
女性 % 100 100 100
男性 28 29 68
  • ※過年度データを再計算したため、データを修正しています。
男女正社員数
単位 2020年度 2021年度 2022年度
男性
(%)
1,129(86) 1,098(85) 1,051(84)
女性 185(14) 191(15) 200(16)
合計 1,314 1,289 1,251
  • ※シンガポール事務所の駐在員を含む
男女別平均勤続年数
単位 2020年度 2021年度 2022年度
男性 22.8 22.8 21.8
女性 16.9 17.0 16.1
合計 22.1 22.0 20.9
採用状況
単位 2020年度 2021年度 2022年度
男性 42 34 25
女性 15 9 15
合計 57 43 40
中途採用比率
2020実績 2021実績 2022実績
正規雇用労働者の
中途採用比率
32 7 15
  • ※労働施策総合推進法に基づく中途採用比率の公表 公表日:2022年6月30日
離職者数
単位 2020年度 2021年度 2022年度
フルタイム従業員
(離職率)
名(%) 18(1) 29(2) 21(1)
管理職数/女性管理職比率
単位 2020年度 2021年度 2022年度
男性 名(%) 196(98) 189(98) 183(97)
女性 4(2) 4(2) 5(3)
合計 200 193 188